いやー阿知賀編のドラマを録画するために、魔の地層(約三年物)からBDレコーダーを発掘し、リビングのほぼ壊れたDVDレコーダーと交換する作業に一時間もかかってしまいました。
更にBDレコーダーには主に将棋番組が限界まで録画されていて空き容量が0だったので、まだ見てないのもたくさんあったけど全選択して消去。
消去ボタンを押して0.2秒後に、咲-Saki-の再放送含め、お気に入りだったアニメも消してしまったことに気づきました。ソウルイーターノット!もう一回通して見たかったよお… ※TVerでは、広告ブロックしていると動画が表示されないようです。

さて、感想でも書こう。

アバン

ジョージのナレーション、例の如し。

長野編のフラッシュバックは、和の回想。
コルクボードに貼りつけた清澄高校の仲間たちとの最近の写真の中に、昔の集合写真が一枚。
その中心に写っている、懐かしい人の言葉を思い出す和。

麻雀をやり続けていれば
いつか巡り合うことができる

この言葉が、ドラマ第1局ではテーマのように繰り返されます。

Aパート

小学生編。

演技とか滑舌とかは、もうどうでもいいんです。
アニメ版でお気に入りだった「生徒数は少ないけど」「しーずー」などのセリフがカットされていたことも、気にしません。
小学生の役者さんたちが、咲-Saki-の、阿知賀編の世界にしっかりと馴染んでくれて、ちーがーうーだーろー!的なところが微塵も無かったことがただただ嬉しくて。

三人で桜餅?を食べるところがかわいい。

ほんの数秒ですが、熊倉先生が出ていましたね。
エンディングロールによると、キャストは長野里美さん。小劇場系の女優さんということです。
それとは関係ないと思いますが、このドラマ、全体的に小劇場っぽいノリが多いように感じました。
嫌いではない。

阿知賀のレジェンドについて、穏憧が和に説明するところで、ほんの一瞬・1カットですがすこやんの腕と口許が映り、「ロン」のセリフが聞けました。

2
想像以上に可愛い声でした(管理人の感想です)。

すこやんの「九冠へのリーチ」のシーンは省略。
うん、いいんだ。
こういうシーンでチビチビ見せられるより、あとでドーンとカッコかわいく出てきてもらった方がいいんだ。
土浦女子版すこやんの特典ブロマイドとか無いんですか?
はい無いんですね知ってました。

和の転校のタイミングが原作より一年早いのは、尺の都合なんでしょうね。
同じ阿知賀女子中に進学しながら、クラスが違うだけで疎遠になっていく、穏乃と和。
というじわじわ感が無くなり、穏憧和が別々の中学に進学したことで関係が途絶える感じになっています。

憧は小学生の時からあのツーサイドアップの髪型でしたね。
髪型は優希に似せてくるんだろうなーと思っていたんですが、「優希と小学生憧(と小学生穏乃)が似ている」という設定は、実写では省略されたことになります。
映画から入った人に紛らわしいかも、という配慮ですかね。

あと、阿知賀こども麻雀クラブはキャストの名前は人数分わかったんですけど、同定作業に難航。
ギバードちゃんは「サラ」さんという子だと思うんですが。
そうするとエンディングロールの順番は必ずしも立先生の一覧表と一致するものではないし…

3
阿知賀こども麻雀クラブ 配役推定表
キャラクターキャスト身長生年月日所属事務所
志崎綾
石井菜央
14519/11/14セントラル株式会社
山谷ひな
望月咲希
13119/08/12セントラル株式会社
桐田凛
森田(ひな)
???19/09/**COURAGE KIDS
ギバード桜子
サラ
???20/10/**COURAGE KIDS
佐々岡よし子
鴫原 凛
???21/03/**COURAGE KIDS
辰巳春菜
直井美優羽
15019/07/02avancé
米田未来
竹下えれな
???21/02/**COURAGE KIDS

なんかこれ、全く自信が無いんですけど。
確信が持てない人は消去法で推定したので、間違ってる可能性がかなりあります。
くれぐれも当てにしないようお願いいたします。

※生年月日の生年は平成です。

【12月8日追記】
各事務所の公式サイトはいちおうチェックしてたんですが、見落としていたようで…

まず、 セントラル株式会社公式HPによると
2017年12月5日(火)スタート 毎週火曜深夜1時28分~TBS「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」に高鴨穏乃役で岡崎 美優(おかざき みゆう)、米田未来役で●●●●、志崎綾役で石井 菜央(いしい なお)、山谷ひな役で望月 咲希(もちづき さき)が出演します。 是非ご覧ください☆
※●●●●はエンディングロールに名前の無い子役さんで、何らかの理由でキャストが変更になったものと思われます。

そして「クラージュ キッズのブログ」の記事では
TBS「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」第1話にサラがギバート桜子役、鴫原凛が佐々岡よし子役、竹下えれなが米田未来役、森田穂が桐田凛役で出演します

残る一人、avancéの直井美優羽さんについて直接的な情報は見つけられませんでしたが、他のピースが埋まったので必然的に辰巳春菜役、ということになります。

つまり…管理人全問正解でした!
やったぜ。いやまあ、ちゃんと情報チェックしとけよという話なんですが。

Bパート

三年後。
穏乃たちは中学三年生に。

あれ、穏乃が小学生の時より幼くなってる。と思った人は私だけじゃないはず。
PVの第一声「ついに始まるぞー」からヤバかったんですが──もう最高でしょ、桜田ひよりちゃん。
憧役の伊藤萌々香さんと玄さん役の恒松祐里さんはアニメの芝居に近くて違和感なし。
イメージを大事にしてくれているようでとても嬉しい事なんですが、桜田ひよりちゃんは癖のあるあおちゃんにはほとんど似ていなくて、それなのにあおちゃんに負けず劣らず穏乃っぽいなーと。

電話で憧に阿知賀への誘いを断られた時のしょぼん顔が子犬のようで可愛すぎました。

6

原作では憧が「あたし晩成に行くから敵にまわるよ?」と言った瞬間に穏乃が電話を切ってしまいましたが、ドラマでは

今更遅いよ
しずはみんなと離れ離れになったあと、麻雀から離れてたんでしょ?
あたしはずっと全国行きたくて、中学でも麻雀を打ち続けてきたの
そんな思いつきに簡単に乗れない
…ごめん
と、断る理由をちゃんと説明していました。

まあ結局「まずひとり!ここにいる…っ!!」とか言って来ちゃうわけですが

s_photo01

以上、原作・アニメの第1局と同じところまで。

次回予告

第2局ではいよいよ宥姉と灼が登場!…ですが

7

ここはドラマオリジナルですかね。
高校時代のハルちゃんが、すこやんにやられたトラウマ発動?で、胸を抑えて動けなくなり、バスに乗り遅れたようです。
タノシミ!