ちひゆずお風呂ポスター入手記念に柚子湯に入りたかったんですが、この辺のスーパーには柚子が売ってませんでした。
みかんと、なぜかネーブルオレンジだけ死ぬほど置いてあるんですが。
柚子の香りの入浴剤で妥協すべきか…



では以下、大好評発売中ヤングガンガン24号掲載の咲-Saki-第182局の紹介記事です。
ネタバレ注意でお願いします。

5~8位決定戦・副将戦(承前)

密室の少女たち

哩部長のリザベーションシックスは、仮眠室をパニックに陥れていました。
saki-182-001-01_02m
そろそろ産まれそうですね…
今回の検閲は当局も一切の容赦無く、塗り濃度100%──どう液晶を傾けても何も見えません。
というか、お見せできません。
お分かりかと思いますが、クリック厳禁です。

そしてもう一つの仮眠室。
saki-182-004-01
なんかまったり添い寝しつつ、副将戦を観戦中。
オーラスなのに、大将の竜華はずいぶんのんびりしています。
太ももに例のアレを注ぎこまなくていいんですかね。
あ、事後ってこと?

南四局一本場(承前) 親・哩
  ドラ

さて、対局場。
六巡目、ユキがリーチ。
その直後、哩部長は待望のメンホンチートイを聴牌しますが…
哩の聴牌

西西 
はどちらも生牌。
が三枚切れているので裏ドラ表示牌はの方が確率が高く、で待ちたいところです。
ここで、哩部長はなぜか単騎を選択。
しかし
由暉子の手牌

なんと、はユキの手に二枚あり、残り一枚しかありません。
この極薄の待ちでユキの三面張に勝てるのか…?
しかも
浩子の手牌

 
絹恵の手牌

  
他の二人も好形で聴牌していました。
二人とも、メンツをスライドさせて端寄りの牌を切っていますね。
しかし、この勝負は
哩の和了

西西  ツモ
ラス牌を引いた哩部長の勝ち!
メンホンチートイツモ赤1の親っパネで
姫子のもとに三倍満相当の12翻キーがやって来ました。
saki-182-011-03
元気な12翻ちゃんが産まれて幸せそう(*´ω`*)

現時点でこのリザベーションが6翻だと知っているのは哩部長と姫子だけなので
saki-182-012-02_05
7翻という結果から、他校は14翻、つまり数え役満が来ると警戒します。
この「無駄」な警戒が新道寺にとって吉と出るか、凶と出るか──
5~8位決定戦・副将戦南四局一本場
学校選手開始時得失点終了時
東家新道寺女子
白水 哩
96900+19300116200
南家千里山女子
船久保 浩子
99900-610093800
西家姫松
愛宕 絹恵
126200-6100120100
北家有珠山
真屋 由暉子
77000-710069900

南四局二本場 親・哩
  ドラ

哩部長の連荘が続きます。
五巡目、フナQに何切る問題が。
浩子の手牌

 
ドラ表示牌がなのでその一枚分薄い両面を嫌って切り、が牌効率から見た正解ということですが、フナQが切ったのは
鳴いた場合の広さや567の三色目を残す(あとタンヤオ確定)、という「理屈」ではなく、フナQの根拠はただ
切りはなんかざわつくんや
ざわ…ざわ…
その皮膚感覚、大事にしたい。

数巡後、哩部長がリーチ。
哩の手牌

役はリーのみですが、ツモなら親満まで行きますね…
フナQは哩部長の親リーチ相手に喧嘩する気はないようで、あっさりオリようとします。
が、その瞬間
浩子の手牌

 
絶好のツモ──しかも不要牌のは哩部長のリーチ宣言牌で、現物。
フナQ、踵を返して追っかけリーチ!
そして
由暉子の手牌

ユキもリーチ。
なんとドラ4の五面張!!ウラ次第では倍満までありますね。

ちなみに絹ちゃんもダマテン中(手牌不明)。

全員聴牌で大激突──!!

結果は
saki-182-016-03_05
裏ドラが乗ってメンタンピン一発ツモドラ3の倍満!
を切っていたらこの和了りは無かったでしょう。
この半荘かなり削られていたフナQ、最後に一矢を報いました。

副将戦、決着です。
5~8位決定戦・副将戦南四局二本場
学校選手開始時得失点終了時
東家新道寺女子
白水 哩
116200-9200107000
南家千里山女子
船久保 浩子
93800+18600112400
西家姫松
愛宕 絹恵
120100-4200115900
北家有珠山
真屋 由暉子
69900-520064700

成績

5~8位決定戦・副将戦区間成績
順位学校選手開始時得失点終了時
新道寺女子
白水 哩
95500+11500107000
姫松
愛宕 絹恵
111300+4600115900
有珠山
真屋 由暉子
61900+280064700
千里山女子
-18900
船久保 浩子
131300-18900112400
哩部長、苦戦したようにも見えましたが、終ってみれば格の違いを見せつけて、圧勝です。
絹ちゃんは対局中に成長し、漫とともに姫松の次期エースになり得るポテンシャルを示してくれました。
この中で唯一の一年生・ユキは頑張りました。でも哩部長を筆頭に、他が強すぎた…
フナQ、最後の倍満で意地を見せましたが、ちょっと実力が発揮できなかったかも。

私たちの時空でもう一年半ほど続いている5決ですが、次回からいよいよというか、ようやく大将戦です。
四校とも、悔いの残らない戦いを見せてほしいですね。

(12月15日発売ヤングガンガン№01 第183局へつづく!)

咲-Saki-第18巻充塡率(適当)33.3%