冷やしラーメンのめんつゆが余ったので生麵だけ買ってきて茹でて食べてみたら
ぼそぼそで、微妙に太くて、食感最悪。
冷やし用が売ってなかったので、焼きそば麵だったからね…

ウスターソースを和えてレンジで温めて青のりかけたらなんとか完食できました。
ウップ

では以下、大好評発売中ヤングガンガン15号掲載の咲-Saki-第162局の紹介記事です。
ネタバレ注意でお願いします。
























5~8位決定戦・先鋒戦(承前)

saki-162-001-01
怜のアクロバティックなツモ和了に驚く、新道寺の面々。
しかし私が !! となったのは、比与森先生の黒ストッキング。
初登場の159局では全体的にベタやトーンが間に合っておらず、比与森先生の脚も白かったので──ナマーシだと信じていたんですよ!
黒ストッキングか…私には上級すぎる…でも咲坂を上るには避けて通れない道なのかもしれません。

東二局(承前) 親・成香 ドラ

前記事では裏ドラが不明だったんですが、その理由が
saki-162-004-03
怜の変調に気づく琴音さんとセーラ。
なんと怜、裏ドラ表示牌を確かめずに点数申告していたのでした。
すばら先輩から指摘されて、やっと気づきます。
saki-162-005-03_05
かわいいぃぃいい!
これ、ブログに間違ったこと書いた時に使えそう(間違うなって話ですが)
というわけで
怜の和了   ツモ
リーヅモタンヤオドラ3、の跳満です。
ルール的にはぎりぎりセーフという事なんでしょうけれど…
5~8位決定戦・先鋒戦東二局(再掲)
学校選手開始時得失点終了時
東家新道寺女子花田 煌100000-600094000
南家千里山女子園城寺 怜100000+12000112000
西家有珠山本内 成香116000-3000113000
北家姫松上重 漫84000-300081000


東三局 親・怜 ドラ

怜の変調に、竜華は心配そう。
泉「集中力が落ちてるんやないですかね」
しかしフナQは
どっか不調なんか
それとも──なんか進化してるんか
と、一味違う分析。

当の怜は、
saki-162-007-02
やはりキツいようです。
でもさっき…
一巡先だけやったけど
一瞬見えた…!!
行動によって変わる複数の未来が…!!
さきほどの東二局で、怜の未来視能力が新たなステージに達していたことが分りました。
というかこれまでは一つの未来から打牌を組み立てていたのか…それはそれで凄いことですが、選択肢という強力な新しい武器を手にして、怜の強さは一段も二段もアップしたと思われます。

さてここで怜が思うのは
フナQ──…
泉──
あと西出(にしで)っちや津村さんやナクシャトラや根来(ねごろ)ちゃんやえーっと
後輩の皆さんの未来のためにも
あとひとふんばりや
後輩たちのこと。
西出っち以下は初出の名前ですね。ナクシャトラさんは留学生かな?インドっぽい。

怜、ふんばって七巡目リーチ。
例によって千点棒を立てますが、次のページでは倒れてるようですね。
親リーに怯える成香。
一発消しをしたい漫。
でも鳴けない煌。
と、一巡したところで
怜の和了    ツモ
これ切りリーチなんですよね。
saki-162-014-01_02
今大会、初めて怜と対峙したこの二人のこの反応。
裏ドラは残しておいた
リーチ一発ツモドラ3の親っパネで、トップの有珠山をあっさりと逆転しました。
5~8位決定戦・先鋒戦東三局
学校選手開始時得失点終了時
東家千里山女子園城寺 怜112000+18000130000
南家有珠山本内 成香113000-6000107000
西家姫松上重 漫81000-600075000
北家新道寺女子花田 煌94000-600088000
照と対戦した時よりも能力をレベルアップさせた怜が、早くも独走状態に!

──と思いきや

強い。
あまりにも強い敵を前に、この子の導火線が発火します。
saki-162-016-04


(ヤングガンガン№16 第163局へつづく!)
咲-Saki-第16巻充塡率(適当)66.7%