ちょっと事情があって今回は画像なし!(その代り?牌画多めです)
長くなるので詳細は省きますが、健康上の理由です。

以下、大好評発売中ビッグガンガン06号掲載のシノハユ紹介記事です。
ネタバレ注意でお願いします。
先月登場の第六中ガングロさんの名前は伊藤さん。
あぐり先生のツイートで判明、と近代麻雀漫画生活様の記事で見ました。
フォローしてるのに見ていなかったという。というかツイッターほとんどやらないんですよね。
このブログの更新情報を自動で出す設定をしているくらいで…
下の名前は今回作中に出てきました。樺乃(かの)さん、三年生です。

中堅戦(承前)

慕の鮮やかな和了りに曖奈さんも「やられた」
最後の私のチーやらなきゃよかったかしら

慕ちゃん相手に つかんだらオリるわよ
と妙なことを言うのが気になって、ガングロさんこと伊藤樺乃さんが、曖奈さんがチーしなかった場合慕のツモるはずだった牌をめくると、そこには 

東二局五本場 親・慕  ドラ

慕は前回の流れ四本場からの連荘になります。
この親番でトップの万原中に迫り、あわよくば追い越したいところ。
慕の和了   ロン
ちょっともったいない感じもしますが、さくらちゃんから出和了り。
曖奈さんのリーチ棒もゲットして、万原中を射程距離に納めます。
市大会B卓第一戦・中堅戦東二局五本場
学校選手開始時得失点終了時
東家湯町中32600+830040900
南家第六中樺乃24500±024500
西家魚瀬中さくら19300-730012000
北家万原中曖奈43600-100042600

東二局六本場 親・慕  ドラ

曖奈さんが安手で慕の連荘をストップ。
市大会B卓第一戦・中堅戦東二局六本場
学校選手開始時得失点終了時
東家湯町中40900-310037800
南家第六中樺乃24500-100023500
西家魚瀬中さくら12000±012000
北家万原中曖奈42600+410046700

東三局 親・樺乃  ドラ

曖奈さんの一人聴牌で、流局。
市大会B卓第一戦・中堅戦東三局
学校選手開始時得失点終了時
東家第六中樺乃23500-100022500
南家魚瀬中さくら12000-100011000
西家万原中曖奈46700+300049700
北家湯町中37800-100036800

東四局流れ一本場 親・さくら  ドラ or

樺乃の和了   ツモ   
樺乃さんがツモ和了。
「きたぁ!!」と言ってるから、ドラは の方でしょうか。
あと、次局の点差から逆算すると、この局で曖奈さんがリーチ棒を出していたと思われます。
市大会B卓第一戦・中堅戦東四局流れ一本場
学校選手開始時得失点終了時
東家魚瀬中さくら11000-21008900
南家万原中曖奈49700-210047600
西家湯町中36800-110035700
北家第六中樺乃22500+530027800

南一局 親・曖奈  ドラ

さくらの配牌 西
国士二向聴。
トップと38700点差のダンラス。
行かない手は無いよね!
第一捨牌から で、他家は当然警戒するわけですが──
ツモってしまえば無問題!
ツモった瞬間のさくらちゃんの顔は咲-Saki-史上七位に入るほどの可愛さでして、今回引用掲載できないのが残念です。
さくらの和了 西  ツモ
【みんなの反応】
曖奈「あらら親かぶり」

慕「役満おめでとう!」
樺乃「ああ国士か 国士…!?
魚瀬中、大逆転。一瞬でトップに立ちました。
市大会B卓第一戦・中堅戦南一局
学校選手開始時得失点終了時
東家万原中曖奈47600-1600031600
南家湯町中35700-800027700
西家第六中樺乃27800-800019800
北家魚瀬中さくら8900+3200040900

南二局 親・慕  ドラ

削られはしましたが労せずして万原中との点差が縮まり、迎えた親番。
ここでがんばって稼がないと
と、気合を入れた瞬間
曖奈の和了   ツモ
呆気なく、最後の親番を流されました。
市大会B卓第一戦・中堅戦南二局
学校選手開始時得失点終了時
東家湯町中27700-260025100
南家第六中樺乃19800-130018500
西家魚瀬中さくら40900-130039600
北家万原中曖奈31600+520036800

南三局 親・樺乃  ドラ

ここからの「追い上げがすごい」と曖奈さんも警戒する慕のラス前ですが── あまり高い手になりそうもないこの配牌。
慕の配牌 
喰いタンよりも
このドラが使えればいいんだけど
と、を残します。
すると、樺乃さんが鳴き仕掛け。
そうゆっくりもしていられません。
慕の手牌  
おかあさんならドラ切るんだろうな
と、を引っ張る慕。
いつも「おかーさん」なのに「おかあさん」になっているのは、成長の表現?
さくらちゃんにより二枚目のが切られ、残り二枚に。
誰も鳴かない、ということは残りはたぶんまだ山に…?
で、数巡後、が重なったところで、リーチ!
慕の和了   ツモ
市大会B卓第一戦・中堅戦南三局
学校選手開始時得失点終了時
東家第六中樺乃18500-390014600
南家魚瀬中さくら39600-200037600
西家万原中曖奈36800-200034800
北家湯町中25100+790033000

南四局 親・さくら  ドラ

いよいよオーラス。
慕としては、万原中への直撃でさくらちゃんをまくるのがベスト。
さくらちゃんへの直撃でトップを取るのがベター。
といったところでしょうか。
慕の第一ツモ  
このをツモった瞬間に構想が固まったようです。
次巡、親のさくらちゃんが切ったドラ、 を曖奈さんがポン。オタ風なので一翻役をつけて最低でも7700が確定。
慕の第二ツモ  
慕の目論見に応えるように舞い降りる鳥さん。
そしてまたもさくらちゃんが切った を、今度は慕がポン。
さらに曖奈さんと慕、ともにチー。
鳴き合戦です。
曖奈の副露牌  
慕の副露牌  
樺乃さんの考察
二人の役牌はもう2枚ずつ河にあるから
森脇が混一か三色
鳥使いは三色確定かな
出た、新称号「鳥使い
東二局流れ四本場の、どう転んでも慕がで和了ることになっていたあのたった一回の不思議から、慕の特性を見抜いたというのか…ただのガングロじゃないね。

ここで、慕の手は三色は三色でも三色同刻の可能性がある、と気づくさくらちゃん。
そしてそれをツモられたら一位抜けされると計算する樺乃さん。
もうバレている以上、手を隠すこともないと
慕の手牌      
ツモった鳥さんを暗槓、嶺上牌で聴牌します。
ここで樺乃さんから当り牌の が出ますが、これをスルー。
それで和了ったら河杉さんに100点届かない…っ!!
さくらの手牌   
この時さくらちゃんも聴牌。
ここから切り出された を見て、慕は
勝った…っ!!


けれど

曖奈の和了   ロン    
曖奈さんの頭ハネ。
三色ドラ3。
直前の 西(安牌として持ってたのかな?)切りは、下家の 待ちを読み切った証。
樺乃さんも読んでいたけれど、点差を考慮すれば自分からは和了らないだろうと見越しての 切りにも見えますね。
おかげで を単に安牌と見てしまったさくらちゃんが痛い放銃をすることになりましたが…

慕は自分の選択が結果的に万原中に2ポイント目のトップを与えてしまったことを激しく後悔し、涙を流すのでした。
市大会B卓第一戦・中堅戦南四局
学校選手開始時得失点終了時
東家魚瀬中さくら37600-770029900
南家万原中曖奈34800+770042500
西家湯町中33000±033000
北家第六中樺乃14600±014600

成績

市大会B卓第一戦・中堅戦成績
順位学校選手開始時得失点終了時
万原中曖奈30000+1250042500
湯町中30000+300033000
魚瀬中さくら30000-10029900
第六中樺乃30000-1540014600
市大会B卓・1試合目途中経過
/~中堅戦最終局
オーダー魚瀬中湯町中第六中万原中
先鋒3 ?4 閑無2 ?1 悠彗
次鋒3 ?1 はやり4 ?2 千春
中堅3 さくら2 慕4 樺乃1 曖奈
トップ0102
総合点808008220068000129000
慕でトップが取れなかったのは、湯町中としてはかなりの痛手ですね…。
万原中は既にトップを二回取っており、残り二半荘のうち一回トップを取れば文句なしに勝ち抜け。
総合点でも大きくリードしています。
湯町中にとって、この後の好材料と言えるのは、万原中には曖奈さん以上の打ち手はいないはず、ということぐらいでしょうか。
野津部長と杏果に頑張ってほしい!
(第34話へ続く)