本日発売のヤングガンガン04号目次の作者コメント欄に
咲-Saki-の最初の短期連載の1話目が載ってからちょうど10年らしいですよ!感謝!
という神の言葉が。
遅ればせながら、おめでとうございます。
今後も更に咲-Saki-が盛り上がっていきますように。

では、以下、大好評発売中ヤングガンガン04号掲載の咲-Saki-第154局の紹介記事です。
ネタバレ注意でお願いします。
























今回は一コマ目に
saki-154-001-01_02
うん、これで「えっ 誰これ…」の審議は終了です。解散!

それよりも、咲さんのこのセリフ
なんだろう この感じ…
衣ちゃんでもお姉ちゃんでもない…
高鴨穏乃は、咲さんにとって、照や衣と同じカテゴリの脅威であることが示唆されます。
とはいえ…

会場通路[事後]

saki-154-002-05
声をかけて来た末原さんと感想戦。
ネリーやこの末原さんも強敵ではあったわけで、実際末原さんの超早和了やネリーのあの能力には何もできなかった。
それでも
saki-154-004-03
でも 次は 勝てるように
がんばろう──
「がんばれば勝てる」とは思える相手なのであって、照・衣クラスの穏乃はやはり別格なのかなという印象を持ちました。

有珠山控室[不興]

ゴメン
勝てなかった
謝る爽に
saki-154-005-03
そうだねえ…(CV:小杉十郎太)

ここで誓子が内緒話ふうに
saki-154-005-04
アレっていうのがカムイ全般のことなのか、パウチカムイ限定なのかでこのあとの二人のやり取りの意味合がだいぶ違ってきます。
カムイは二回戦とかでも使ってたようだし、準決勝の大将戦まで誓子がカムイに気づかなかったというのは不自然。
つまり、アレというのはパウチカムイのことではないか?(強い推認)
そこで
saki-154-006-01
この「むー」がいろいろ有望なわけですよ!

姫松控室[格差]

こなた、姫松控室。
副将戦終了後に絹ちゃんがフラフラしてたし、大将戦中に控室にいる描写が無かったのでちょっと心配してましたが、普通にいました。
末原さん、赤阪さんとチームメイトに頭を下げます。
でもここで
しょげたり泣いたり末原ちゃんのおでこに字書くんもえーけどー
早めに明日にそなえてなー
saki-154-008-02
5位決定戦…ねみみみみみみみみみにみみみみみみみみずのワードが出てきました。
えーと、みんなの言ってることをまとめると
  • 洋榎はセーラと戦う→オーダーは変わらないっぽい
  • 朝早い
  • 試合は短い
  • 決勝の前座のエキシビジョンみたいなもん
  • 学校のランキングに影響ある
つまり、決勝戦と同じ日の朝に短めの対局が行われるということですね。
東風戦×5とかなら局数は決勝の四分の一。これだと途中休憩ナシだとしても、まだ長いかな。
まあ細かいことはすぐにわかるでしょう。

それよりも!
千里山 vs 新道寺 vs 姫松 vs 有珠山
という夢のカードが、あなたのすぐそこに!このチャンスをお見逃しなく!

まさかここまで期待させておいて描写がホドホドということもないでしょう。
決勝前に5位決定戦編が…何年か続くということでよろしいか?
sinohayu-029-040-01
いやまあ長くて半年くらいだと予想しておきます。

今から善野さんとこ挨拶してミーティングなー
saki-154-009-01
おっ、ええ返事や。
末原さんから指導者として見えもらえた時の赤阪さんの笑顔が素敵です…

清澄控室[釣人]

そろそろでしょうか
これはのどちゃんセンサー
ではなく、のどちゃんピューターが算出した帰還タイミングですね。
saki-154-010-2

決勝進出を喜ぶチームメイトに
うん でも…
棚ぼたみたいになっちゃった
と水を差す咲さん。
に、まこと久が優しくお説教。
そうだ──
saki-154-012-01
一人、麻雀に関係ないアイテムを持っている人がいます。
あ、湯呑はいいんですよ。水分の補給は認められています。
先輩がお菓子鏡や弓矢を持っていないのに、二年生のあなたがそんなことでいいんでしょうかー
saki-154-012-02
…こんな強い言葉が咲さんから出てくるとは。
俺、決勝の大将戦見たらお伊勢参りに行くんだ…

阿知賀女子学院宿舎[安心]

トーナメント表を見ている穏乃。
寄ってきた憧に、その形が山みたいだと言います。
あれから清澄の結果はチェックしたんでしょうか。
たとえこの時点でまだ結果を知らなかったとしても、このセリフは不自然に聞こえません。
saki-154-015-02_03


過去の残骸

そしてその頃。西田記者がたどり着いたその場所は。
宮永家の、焼け跡。

(第155局へつづく!)