最近一日十時間ぐらい寝てるのに、なんだかとっても眠いんだ…
この記事も書きながら何度も寝落ちしてしまいました。
ガス暖房が気持ちよすぎる…宥姉、きっとこれ好きですね。

以下、大好評発売中ビッグガンガン1月号掲載のシノハユ紹介記事です。
ネタバレ注意でお願いします。































扉のアオリ
少女たちは一段ずつ、大人の階段をのぼっていく──。

猪口節

はやりんが寒い通学路を歩いて家に着くと、こんな人が待っていました。
sinohayu-028-004-01
二月十四日でしたか。

はやりんは、美月さんから「さびしー」と言われてしまうレベルで、誰にもチョコを贈らなかった(安堵counter:01)

でも
慕ちゃんにレシピなら教えたよ
あー…
案の定、その日白築家で慕が食後に出したデザートはチョコレートケーキ。
おフランス語でガトー・ショコラ。
sinohayu-028-006-07
この親戚の人は、途中までバレンタインだと気づかなかった模様。
簡単でいいレシピを教えてもらったんだ
簡単というと、共立て(卵黄と卵白を分けずに作る)のクラッシック系ですかねー。
洋菓子屋さんのレシピだから、すごく美味しいに違いありません。
まあ親戚の人にあげるのは仕方ない。

慕は、クラスの男子には誰にも贈らなかった(安堵counter:02)

翌日。
慕と閑無、ふたりで市街地へお買い物に来ています。
sinohayu-028-008-03_04
うん、イベント翌日の売れ残りセールはありがたいよね。
昨夜もスーパーではフライドチキンとか、半額で売ってました。
バレンタインの翌日には普段なかなか置いてないクーベルチュールが安売りしているので、夢色パティシエーラーNSも毎年買ってます。

sinohayu-028-009-02a←慕にたしなめられて、こんな未来が見えてしまった閑無
うーん
安いからってちょっと買いすぎたかもしれないな
じゃあこれを 慕と慕んところのおっさんにやろう!
閑無は慕と慕の親戚の人に、期限後に贈った(安堵counter:03)

その閑無によると、
陽葵(ひな)はアイドルに送ってたし
杏果は男子全員に安い義理チョコを配ってたけどな
ということで、

陽葵(ひまり)ちゃんはアイドルに贈った。テレビっ子だからね仕方ないね。(安堵counter:04)
※陽葵ちゃんの名前を、ずっと陽毬と誤記していました。
字の形が全然違うのになんで気づかなかったのか…
BG今月号では「ひな」とルビが振ってありますが、あだ名でひまり→ひなとなるのは考えにくいので、単に編集の人が葵を菜と見間違えたんじゃないか?と思います。(自分のミスを薄める作戦)


杏果は(女子代表で)男子全員に義理チョコを配った。接客業のおうちの子だから、あくまで社交上の儀礼として(安堵counter:05)

特に情報のない玲奈ちゃんは… まあ大丈夫か(安堵counter:06)

最後の昼餐

小学校最後の給食。
それはやっぱり特別なもので(NSは何一つ憶えてませんが) 。
最後の一口を大事に食したい、そのささやかな願いは
sinohayu-028-012-03
sinohayu-028-013-01
永遠に叶わなくなりました。
あー、大人の階段を昇るって、そういう…

その日の放課後、慕が言い出して、閑無と杏果も一緒に、調理員さんたちにお礼の挨拶をします。
小学生主婦としては、作ってる人の大変さとか、愛情とか、わかるんでしょうね。

さよなら湯町小

とうとう卒業式。
慕の親戚の人は、父兄席で本当にこんな(´;ω;`)顔をしていました。
sinohayu-028-023-03
眼鏡の御婦人は担任の先生でしょうね。

そして、後日?慕の家に集まった面々。
sinohayu-028-024-02
なんだか自分が慕の親戚の人になったみたいで、ドキッとしました。
これが…主観モノか。

春休みの予定を語らいますが、具体的にどうなったかの描写はないままに───

湯町中

中学校の入学式です。
sinohayu-028-028-01
制服姿のこの五人が揃い踏み。
裾の長い子と短い子に分かれていますね。
みんな似合ってるよ!

ところで卒業式後の慕の家でもそうでしたが、陽葵ちゃんが見当りません。
たぶんあの子は、テレビがたくさん映るところへ引っ越して行ったのだ。
それはおそらく広島で、アイドル好きが昂じて将来ちゃちゃのん育成に関わるのだ…!

そして翌日、運命の部活説明会。
体育館のようなところで、壇上の眼鏡さん曰く
sinohayu-028-030_031-01
去年は県大会まで行くことができました
でも強い先輩が抜けちゃって今年はピンチです
即戦力の1年生が来るといいな
なんて
そんなことを思ったりもしますが…
気軽に見学に来てくれるとうれしいです
学活(懐かしい響きです…)のあと待ち合せた五人のやり取りから、慕たちの学年は2クラスで、
CLASS 甲
慕・はやり・玲奈
CLASS 乙
閑無・杏果
↑こんな風に分かれていることがわかりました。

五人が向った先は、もちろん麻雀部部室。
階段を昇った先にあった部室の前で話をしていると
sinohayu-028-034-01_02
いやー閑無の逃げ足は速い。人生のいつか、役に立つ日も来よう…
ようこそ麻雀部へ
自動卓が二台あることに目を輝かせる慕ちゃんかわいい。

説明会の眼鏡さんはやっぱり部長さんでした。
sinohayu-028-035-03
sinohayu-028-036-01_02
新キャラはこの四人ですね。

湯町中麻雀部メモ

  • 去年は卒業生(慕たちの三学年上)が強かったので県大会まで行けた
  • 去年、現部員は全員個人戦一回戦敗退
  • 去年の全小県大会ベスト4が入部(しようとしている)!←NEW!
「県大会まで行けた」というのは、弱いと「県大会まで行けない」ということなので、県大会出場権を争う予備戦があるのでしょう。
島根県の平成27年度学校基本調査によると、高校数47(1)に対して、中学校数は102(2)。
※カッコ内は分校数
インハイの規模を超えないようにする工夫と思われます。

島根県内最強の新一年生四人(+1)に対する野津部長の期待も大きくなるでしょう。
ただ、慕たちが本当に「即戦力」たりうるのかはまだわかりませんね。
スポーツにしろ何にしろ、中学生と小学生の基本レベルには大きな差があるでしょうし。

あと、(+1)の玲奈は麻雀部に入るのか、今日のところは純粋に見学で、結局水泳部に入るのか、という点にも注目です。

あれ…?

前記事にも少し書きましたが、結局小学生編にすこやんは出てきませんでしたね。
咲-Saki-14巻のデータに
名前 ふりがな 学校・役職 誕生日 身長
小鍛治 健夜 こかじ すこや 舟塚山小6年(茨城) 11月7日 143 11 A
とあったので、143センチのちびっこすこやんが出てくるのを、仄かに期待していたんですが。
どこかのタイミングで回想があるとかかなあ…
まあ、のんびり待ちますよ。
(第29話へつづく)