今並行してもう一本記事を書いているので、今回は作業時間のかかる画像は少なめです。
その記事はできれば日附の変る00:00きっかりに投稿したいんですが、もう時間がない。
遅れるかもしれない…

はい、では大好評発売中ヤングガンガン22号掲載の咲-Saki-第150局の紹介記事です。

以下、ネタバレ注意でお願いします。
























東二局一本場 親・咲 ドラ

和の激励を受けて和了した前回の勢いそのままに、末原さんを意識しつつも闘志を維持できている咲さん。
咲の配牌
恭子の配牌 西
ともに好配牌。
喰いタンを目指す末原さんが速攻で攻め込んできます。
ここでめげないかわいい咲さんが思うのは、長野の風景と仲間たち。
saki-150-004_005
見開き扉は線を引き直してムロと国広君を足したい!
えーときょうt…(人としての礼儀)

さて、槓材 を使って和了りたい咲さん。
が、その一瞬のチラ見を見逃さなかった末原さんに察知され、鳴きでツモをズラされます。
でもいい
カンできたらするけどできないならできないなりに
部長の言う普通の麻雀を精一杯やるだけだよ!
そして普通の麻雀モードの咲さんは を引いてツモ和了り。(和了形不詳)
中ドラ3のおいしい親満です!
Bブロック準決勝・大将戦後半戦東二局一本場
学校選手開始時得失点終了時
東家清澄59700+1230072000
南家有珠山77000-410072900
西家姫松恭子123200-4100119100
北家臨海女子ネリー140100-4100136000


東二局二本場 親・咲 ドラ

末原さんが五巡目リーチ。
これだけ早いと危険牌もわかりませんし、手を作っていきます。
三巡後、七対子を聴牌した咲さんは、まだ高目を狙えるとリーチせず、切り。
するとここで
咲の和了   ロン
チートイドラドラ9600の二本場は10200。かわいい咲さん三連荘です!
振り込んだのはネリー。
saki-150-011-4_5
けれどなぜかまったくの無表情。
これは…?

清澄控室では、久が「牌に愛されてる」咲に、ネリーを対比します。
手は伸びないし安牌はないし
京太郎には
女子と打ったときの俺みたいですね
とまで言われてしまう始末。
この辺に、まだ得体の知れないネリーの能力のヒントがありそうですね。
例えば、何かを仕込んでいるような…?
Bブロック準決勝・大将戦後半戦東二局二本場
学校選手開始時得失点終了時
東家清澄72000+1120083200
南家有珠山72900±072900
西家姫松恭子119100-1000118100
北家臨海女子ネリー136000-10200125800


東二局三本場 親・咲 ドラ

ここで、末原さんに確変?フラグが。
普通に打って
毎回私より先に和了れる思うなよ
saki-150-015-03
何ですか、これは…(怯え)
saki-150-016-01
ついセリフを空目しちゃうほどの迫力だったのです。

ともあれ、
ついに姫松が逆転トップ!
ここまで首位独走の臨海女子、わずか900点差ながら、まくられます。
ともかくスコアは二強二弱の構図が更にくっきりとしてきました。
Bブロック準決勝・大将戦後半戦東二局二本場
学校選手開始時得失点終了時
東家清澄83200±083200
南家有珠山72900-860064300
西家姫松恭子118100+8600126700
北家臨海女子ネリー125800±0125800


(第151局へつづく!)