大好評発売中ヤングガンガン20号掲載の咲-Saki-第149局の紹介記事です。

以下、ネタバレ注意でお願いします。
























会場通路

前半戦が終わり、とぼとぼと会場を後にする咲さん。
何もできずに-36200、普通の麻雀ならトバされて終わってるし!


廊下で待っていたのは、やはりこの子。
saki-149-002-01

県大決勝の時同様、咲さんに気合注入です。
咲さん
全部倒すって言ってましたよね
強い相手と戦うの楽しみだって言ってたじゃないですか
あのやる気と期待はどこに消えてしまったんですか
そう問われて、心に浮かんだのはこの二人。
saki-149-005-02
これは…みなもちゃん(仮)が健康そうなので、あの回想シーンよりも更に昔になるんでしょうか。
二人ともいい笑顔。咲さんに向けられた笑顔でしょうね。
…消えてない
saki-149-005-05
このあと滅茶苦茶トイレ行った

姫松高校控室

一方こちらでは、末原さんがもとのビジュアルに戻ります。
saki-149-007-01_03
お、赤坂監督への当りが柔らかくなってますね。
前半戦で、戦える自信を得た感じ。
フキダシに隠れてるのは、可愛い坐り方から見て由子でしょうか。

Bブロック準決勝・大将戦後半戦

東一局 親・ネリー ドラ

saki-149-010-01
後半戦が始まり、咲さんはたった今和から聞いた部長のアドバイスを思い出しています。
まずは───
姫松の末原さんに表情を見られているそうです
咲さんはポーカーフェイスを訓練してもダメでしたから
無理に表情を抑えても見破られるとは思いますけど一応気にはとめておけとのことです
部長は咲さんがまものアンテナとして利用されている、というところまで気づいているんでしょうかね。
これに対し
何もないときに変な反応をしても意味ないんだろうな
と、少し変なことを考える咲さんかわいい。

という所で、またもや末原さんが早和了。
爽から2000点を奪います(手役不明)。
うかうか考え事をしている暇もありません。
このスピード技を控室の優希が見て触発されているとしたら、決勝の先鋒戦が面白くなりそうですね(清澄の勝ち抜け前提)。

Bブロック準決勝・大将戦後半戦東一局
学校選手開始時得失点終了時
東家臨海女子ネリー142700±0142700
南家清澄51900±051900
西家有珠山81600-200079600
北家姫松恭子123800+2000125800

東二局 親・咲 ドラ

咲さんの親番。
末原さんの超早和了はなお脅威ですが、
saki-149-011-05_06
と、やっと魔王オーラが戻ります。

けれど
恭子の配牌
クズ配牌の末原さんがを切った瞬間、
saki-149-012-02
急に何もわからなくなった──

末原さんは何をしたのでしょうか?
いくらなんでも毎回早和了りはできひん
今回もクズ配牌や
そういうときは初手をランダムに切る
ある種の全体におよぶコントロールはそれで断ち切ることができる
配牌を見て手を構想し、取捨する──数秒そこそこの動作に伴う他家三人の思考を感じ取り、卓上の牌の流れ、筋道、ストーリーを読み取る、それが咲さんにとっての「見える」だとすれば、無作為に牌を切る末原さんの作戦は、大当り。

けれど、ここで部長の伝言その二
もうひとつ大事な伝言
ネット麻雀を思い出せ だそうです
saki-149-014-04
「見える」に依らず、手牌と河の情報からゲームの最善手を読んでいく。
──デジタル麻雀!
saki-149-015-01
なんのためか
たぶん今
この時のため──!!
咲の和了   ツモ   西西西
視界を遮られ、プラマイゼロも槓もうまくできそうにないこの状況で、笑顔を見せる咲さん。
咲さんなりのデジタル麻雀を楽しみながら、ダンラスからの逆転を狙います。

Bブロック準決勝・大将戦後半戦東二局
学校選手開始時得失点終了時
東家清澄51900+780059700
南家有珠山79600-260077000
西家姫松恭子125800-2600123200
北家臨海女子ネリー142700-2600140100
(第150局へつづく!)