咲-Saki-14巻(通常版/OADつき特装版)
シノハユ4巻
咲日和4巻
月刊ビッグガンガン8月号

十時半にお店についたときには、もう売り切れ寸前て感じで、特に上の二つはラスト3冊(まあストックはあるんでしょうが)しか残っておらず、焦りました。
特装版OADは3月ごろあるネットショップで予約したのに今日になっても案内メールが届かず、今問い合わせ中です。
NSは特典集めは諦めているダメなファンですが、それでもこれだけアイテムが集中すると心躍ります。

今回のリリースではほんとうにいろんなネタが上がって、どれから書くか迷う。
個人的に一番衝撃だったのは、14巻のキャラクター一覧で、小鍛治健夜プロが「土浦出身在住。」と紹介されていたことです。
umesco
少なくともすこやんの在住地は茨城県石岡市であることがかなり以前に特定され、不肖NSもそれを疑ってきませんでした。
ふくよかにすこやかに に見えるすこやん実家周辺の風景は、いずれも石岡市高浜であることに間違いありません。
特徴が完全に一致する現地写真が先人たちによって数多く撮られていますし、弊ブログも後追いで撮影に行き、紹介しています。
妻と言はばや すこと召しつも

では、なぜ土浦なのか。
考えられるのは、咲-Saki-世界ではすでに石岡市が土浦市と合併しているのでは?ということ。
地元民が知っている限りでは、土浦周辺の自治体の合併話は確かに時々出ており、土浦市北部の石岡市も合併候補です。
ただ、その中心にいるのはつくば市であって、土浦は若干格下という印象。
土浦市HP 合併についての勉強会
合併後の市名につくばが反映されない可能性は低いと思います。
ということは、つくばが合併に参加せず、土浦市を中心とした新自治体が作られるという神のお告げなのかもしれません。

今日はもう1本ぐらいあげられるかな。
ではまた。